読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方創生の一翼を担う「ガストロノミーツーリズム」とは?【やまとごころアカデミー通信 Vol.70】

========================================
~ 今号のコンテンツ ~
========================================

 1. 「第50回やまとごころ勉強会」インバウンドのトレンドは"食"になる?
今注目される『ガストロノミーツーリズム』とは ~ 地方創生の一躍を担う
食マーケットの最新事情
 2.  「インバウンド大忘年会2016」(JSTO共催)開催決定
3. 「第51回やまとごころ勉強会」(JSTO共催)春節まで1.5ヶ月 まだ間に合う訪日中国人・
  台湾人を魅了する方法
4. 三重県主催セミナー「訪日外国人を呼び込む!インバウンド研修in三重」開催決定
 5.  やまとごころ共催「地方創生インバウンド機構第6回研究会」開催
 6. セミナーや講演会をサポート〝やまとごころスピーカーズ”
 7. 編集後記


==========================================
 1.「第50回やまとごころ勉強会」
インバウンドのトレンドは"食"になる?
今注目される『ガストロノミーツーリズム』とは
~ 地方創生の一躍を担う食マーケットの最新事情
==========================================

毎月一回、弊社代表村山のアンテナにかかったテーマやその時々の旬な
トピックで、それぞれの第一線で活躍される方をスピーカーとしてお迎
えし開催している「やまとごころ勉強会」

11月開催は、

インバウンドのトレンドは"食"になる?今注目される『ガストロノミー
ツーリズム』とは ~ 地方創生の一躍を担う食マーケットの最新事情

と題し行うこととなりました。

世界で注目を浴びだしている「ガストロノミーツーリズム」

それに伴い旅先の各地の食文化を楽しむことが新たな旅行のスタイルに
なってきています。

地域独自の食材をつかって、独自の食文化・伝統文化・郷土料理を提供する
ということは、日本各地それぞれの地域にあるものを見直し、提供していく
必要があり、それはつまり地方創生にもつながる大きな波になりえます。

今回の勉強会では、ガストロノミーツーリズムの第一人者である大阪府
大学観光産業戦略研究所客員研究員、元大阪観光大学教授の尾家建生氏から
ガストロノミーツーリズムの概要についてお話いただいたあと、訪日旅行者
の「食」を専門にプロデュースしている(株)インテージア/オイシージャ
パン(株)の片岡究氏をお迎えし、年々多様化する訪日旅行客の「食」ニー
ズの現状、及び海外の先進的な取組事例などをお話いただきます。

▼開催日:11月22日(火)14:30~
▼詳細・お申込↓↓
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20161122/


==========================================
 2.「インバウンド大忘年会2016」(JSTO共催)開催決定
==========================================

この度、一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)と
共催で「インバウンド大忘年会2016」を12月13日(火)に開催いたします!

同日午後はJSTOと共催で「第51回やまとごころ勉強会」も開催し、そちら
にご登壇いただく講師の方々にもご参加いただく予定です。

こちらの忘年会は約100名規模の立食パーティの予定で、過去セミナーを受講
いただいた方、インバウンドに携わっている方、今後携わりたい方など、日本
のインバウンドをより良くする志をもった方でこの1年を振り返りながらとこ
とん語り合う忘年会です。


▼開催日:12月13日(火)18:30~ (予定)
▼詳細・お申込↓↓
http://www.yamatogokoro-ac.jp/bounenkai/2016/


==========================================
 3. 「第51回やまとごころ勉強会」(JSTO共催)
春節まで1.5ヶ月 まだ間に合う訪日中国人・台湾人を
魅了する方法
==========================================

12月の勉強会は、一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会
(JSTO)と共催で開催いたします。

春節まで1.5ヶ月 まだ間に合う訪日中国人・台湾人を魅了する方法

と題し、1月下旬からの春節にむけて最新の中国人・台湾人のFIT事情
をはじめ、今一番彼らにとって熱い日本は何かなどをお話いただきます。

中国のお話をいただく講師には、中国最大OTAの株式会社CTRIP JAPAN
金融事業部グローバルショッピング 日本統括 李思樺氏、台湾のお話をいた
だく講師には、台湾で人気の日本観光情報サイト「ラーチーゴー!日本」
を運営されている株式会社ジーリーメディアグループ 代表取締役 CEO の
吉田皓一氏をお迎えいたします。

通常勉強会の後に開催している交流会は、今回は大規模開催の「インバ
ウンド大忘年会2016」となります。


▼開催日:12月13日(火)15:00~
▼詳細・お申込↓↓
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20161213/


==========================================
 4.三重県主催セミナー
「訪日外国人を呼び込む!インバウンド研修in三重」開催決定
==========================================

三重県では、観光施設・宿泊施設・飲食店・小売店など、観光に関わる産業に
従事する方々及び就業を希望する方々を対象に、増加する外国人観光客に適切
な対応ができる人材を育成するための講座を実施いたします。

講座は基礎・専門・語学&実地の各講座から構成されており、今回は基礎講座
の募集を行います。今後も増加が見込まれる外国人観光客の受け入れに対応で
きる知識やスキルを習得する好機ですので、是非ご参加ください。

▼開催日:名張 12月1日(木) 13:30-17:30
     松阪 12月2日(金) 10:30-15:15
     桑名 12月12日(月)13:30-17:30

▼詳細・お申込↓↓
http://www.yamatogokoro.jp/mie_2016/


==========================================
 5.やまとごころ共催
「地方創生インバウンド機構第6回研究会」開催
==========================================

地方創生インバウンド機構主催
「観光立国インバウンドセミナー~稼げるDMOのつくりかた~」

自治体・観光協会の方など必見!
アメリカでのDMOの取り組みのほか、ICTの活用方法、実際にDMOを
立ち上げられている方のお話などを聞くことができます。

▼開催日:11月9日(水)14:00~
▼対 象:自治体、観光協会、DMO等観光振興関連団体
▼詳細↓↓
http://liijapan.com/
▼お申込↓↓
https://www.pasonagroup.co.jp/contact/tabid783.html


========================================
6.インバウンドセミナーや講演会を
  トータルでサポート
  【やまとごころスピーカーズ】
========================================

やまとごころでは、インバウンドビジネスの専門家を
講師として派遣するサービスサイト
【やまとごころスピーカーズ】の運用を開始いたしました。

企業様、団体様で開催するインバウンド研修をサポートします!

一般のセミナーだと、一企業のニーズや課題を
すべて取り上げて解決するのは難しいのが現状です。

インバウンドにおけるニーズをヒアリングさせていただいた上で、
プロモーションから受け入れ態勢、語学など、それぞれの目的に
合わせてインバウンドセミナーの提案・企画をいたします。
そして課題解決のためのプログラムや最適な講師をご紹介させてい
ただきます。

もちろん、弊社のセミナーなどでご登壇いただいた講師を派遣する
ことも可能です。

↓スピーカーズについての詳細はこちら
http://www.yamatogokoro-speakers.jp/

<オススメ!インバウンドセミナーのテーマ>

①外国人観光客が急増してきた小売、宿泊、飲食、交通関連事業者様へ
・各国の特徴を把握する!インバウンドおもてなしセミナー

②インバウンドのソリューション・広告を販売する企業の皆さまへ
・小売、宿泊、飲食、自治体へのインバウンドソリューションを
 提案改善ポイントとは?留意点は?

③苦手意識も克服!目からウロコ!明日から使える接客英語
・今からでも間に合う、接客英語研修
・<監督者向け>現場の苦手意識を取り除く英語研修

④インバウンドを取り込みたいメーカー企業の皆さまへ
・インバウンド・越境EC双方から見る中国人消費の変化

上記以外のテーマもお気軽にご相談ください。
ニーズをヒアリングさせていただいた上で、
最適な講師陣を選定の上、セミナーをサポートさせていただきます。


========================================
7.編集後記
========================================

こんにちは。
教育・研修事業部の立川です!

親戚の家は、日本食系の飲食店をやっております。
祖父の代からのものですが昔の土地柄上もあって、丁寧にメニューが
書いていなかったりして、慣れないと日本人にも一見あまりやさしく
ない感じを受けるかもしれません。

そんなお店なのでもちろん英語のメニューもあるわけがなく、片言の
英語での対応なのですが、どこで知るのか最近ちょこちょこと外国の
お客様もみえるとか。

忙しく動き回る現代社会において、鰻は注文をいただいてからさくなど、
タイプトリップしたような家族経営の小さなお店ですが、大手チェーン店
などとは異なる触れ合いや体験、文化に根ざしたもの等を求めてこられて
いるようです。

旅の中での”食”は、多くの人にとって好奇心を刺激する大きなイベントの
一つではないでしょうか。

今食への関心が様々な方向に広がっている中、次回の勉強会は手前味噌で
すが個人的にとても楽しみにしております!