読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【まだ間に合う!!残席少!】いよいよ来週開催!「第10期インバウンドビジネス基礎講座」【やまとごころアカデミー通信 Vol.54】

========================================
~ 今号のコンテンツ ~
========================================

1. 【数名間に合う!!】 インバウンドビジネスを学ぶ基礎の定番! 7月開催「インバウンドビジネス基礎講座」
2. 【受付中!】「第47回やまとごころ勉強会」シェアリングエコノミーxインバウンド
3. 【受付中!】 やまとごころ共催「インバウンドxフードツーリズムセミナー」
4. 次回「スタートアップセミナー」開催日決定!
5. やまとごころ協力「百度JAPAN x イメージワークス」セミナー今月より全国各地で開催!
6. 貴社スタッフの社内インバウンド研修をサポートします!
7. 編集後記


==========================================
1. 【数名間に合う!!】インバウンドビジネスを学ぶ基礎の定番!
7月開催「インバウンドビジネス基礎講座」
==========================================

「第10期インバウンドビジネス基礎講座」

ご検討中の方、お急ぎください!!!残席わずかです!
ワークショップや交流会もあるため横のつながりも築けます!!
迷っている方、数名のみまだチャンスあります!!


【総合】、【マーケティング・プロモーション】、【受け入れ】を
中心に展開!これを学べばインバウンドの基礎はバッチリ!!

詳細&お申込↓↓
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160719/


☆講義内容ちらみせ!☆
【受け入れ】
講義7「中国人・台湾人観光客の消費実態と最新状況」
講師:レジャーサービス研究所 所長 斎藤茂一氏
訪日観光客としてははずせない中国・台湾のお客様の
消費実態と最新状況を、日本と中国を行き来し仕事をされている
斉藤茂一氏に生々しくお話いただきます!!

【パネルディスカッション】
講義8「〜戦略的インバウンドへの取り組み実践〜」
パネリストには、レジャーサービス研究所の斉藤氏のほか、
台湾ご出身で静岡鉄道でインバウンド対応をされている Yen氏、
古くからインバウンド対応をされている商業施設 ヴィーナスフォート館長の松永氏、
サンルートホテルの海外向けプロモーションを担当されている前川氏、
をお迎えし、モデレーターに村山が務めます。

こちらは事前に皆様から課題などのアンケートをとらせていただき、
そちらの内容も組み込みながらのディスカッションとなりますので、
ご自身の課題に直結するヒントを聞くことができるでしょう!!


開催日:7月19日(火)・20日(水)

詳細&お申込↓↓
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160719/

 

==========================================
2. 【申込受付開始】「第47回やまとごころ勉強会」
 シェアリングエコノミーxインバウンド
==========================================

「第47回やまとごころ勉強会」
シェアリングエコノミーで広がるインバウンドの可能性と
題し開催決定!

政府の「日本再興戦略2016」の中で第4次産業革命の実現
としとりあげられているシェアリングエコノミー。

インバウンドがらみでは、民泊関係のみならず、体験モノの
シェアリングの動きもはじまっています。

新たなマーケットとして注目されている
”シェアリングエコノミー”と”インバウンド”
この2つが重なることでどうなるのか?!

シェアリングエコノミー協会代表理事の上田祐司氏をお招きし
お話いただきます。弊社代表村山との対談もございます!

開催日:8月5日(金)15:00〜

詳細&お申込↓↓
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160805/

 

==========================================
3. 【好評受付中!】 やまとごころ共催
「インバウンドxフードツーリズムセミナー」
第1弾 今後急増するベジタリアンを受け入れてゆくために!
ベジタリアン先進国 台湾 現地精進料理界鉄人から直接学ぶ
==========================================

インバウンドシーンにとって、最も大事なコンテンツの
一つである「食」

訪日観光のお客様の中で非常に多いのが、
ベジタリアン・精進料理。
これは、一部の嗜好性の高いひとだけではなく、
世界的なこれからのトレンド、ライフスタイルになります。

日本国内では、一部を除いてまだほとんど取り組みが
進んでいないベジタリアン対応。

そこでベジタリアン先進地の台湾より精進料理界の鉄人を
お呼びし、現地のトレンドを知り、インバウンド受け入れの
ヒントを探っていきましょう!

開催日:7月26日(火)14:00〜

詳細&お申込↓↓
http://www.yamatogokoro-ac.jp/support/food201607/

 

==========================================
4. 次回「スタートアップセミナー」開催日決定!
==========================================

インバウンドについて、まだよくわからないけれども、
今後関わっていきたい!

インバウンドのことが知りたい!というビギナーの方を
対象としている「スタートアップセミナー」

次回の開催日が決定いたしました。

8月25日(木)18:30〜 
新宿エリアにて

お申し込みなどの詳細は、近日中に公開予定です!

今しばらくおまちください!!

 

==========================================
5. やまとごころ協力「百度JAPAN x イメージワークス」全国各地で開催!
 ~訪日中国人観光客を来店させろ~
 地図(PC,モバイル)を使った新しい集客方法、百度地図日本版でインバウンドを更に盛り上げ収益にする!
==========================================

地方都市でも開催いたします!!
7/25@名古屋、7/29@北海道

すでに開催された東京・大阪などは大好評におわりました!!

どうにか中国人観光客を取り込みたい!
そんな思いをもっているかた注目です!!

中国国内で月間3億人が使う圧倒的No.1シェアで、移動中の
利用も一般的な「百度(Baidu)地図」。
今春より日本でもサービス提供が開始されました!!

今回のセミナーでは、この中国人旅行者の今後の動向と、
百度地図のサービス特徴をお伝えします!!!


詳細&お申込み↓↓
http://www.yamatogokoro-ac.jp/support/baidu2016/

 

========================================
6.貴社スタッフの社内インバウンド研修をサポートします!
========================================

やまとごころが企業内インバウンド研修をサポートします!

セミナーを開催していて、よく耳にするのが、
「社内でインバウンドセミナーを実施したい」という企業様の声です。
一般のセミナーだと、一企業のニーズや課題を
すべて取り上げて解決するのは難しいのが現状です。

やまとごころでは、企業様のインバウンドにおける
ニーズをヒアリングさせて頂いた上で、
インバウンドセミナーの企画・コーディネートし、
その道筋や解決するためのプログラムをご紹介させて頂きます。
プロモーションから受け入れ態勢、語学など、テーマは施設や
企業ごとにことなりますが、それぞれの目的やご要望に合わせて、
最適なセミナーをご提案させて頂きます。もちろん、弊社の
セミナーなどでご登壇頂いた講師を派遣することも可能です。

↓講師派遣についての詳細はこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/haken.html


<オススメ!自社インバウンドセミナーのテーマ>

①もっと売上アップしたい小売店の皆さまへ
・中国人観光客にもっと売るおもてなしセミナー

②外国人観光客が急増してきた小売、宿泊、飲食、交通関連事業者様へ
・各国の特徴を把握する!インバウンドおもてなしセミナー

③インバウンドのソリューション・広告を販売する企業の皆さまへ
・小売、宿泊、飲食、自治体へのインバウンドソリューションを
 提案改善ポイントとは?留意点は?

④苦手意識も克服!目からウロコ!明日から使える接客英語
・今からでも間に合う、接客英語研修
・<監督者向け>現場の苦手意識を取り除く英語研修

上記以外のテーマもお気軽にご相談ください。
ニーズをヒアリングさせて頂いた上で、
最適な講師陣を選定の上、セミナーを実施させて頂きます。

上記やそれ以外の自社セミナー開催のご相談はこちらまで。
やまとごころアカデミー担当 丸谷
seminar@yamatogokoro.jp


========================================
7.編集後記
========================================

こんにちは!
アカデミーチームの橋本です。

先日、個人経営のハンバーガーショップに訪れた時のこと。
ふと、バックパッカー風の外国人女性が店にやってきました。
そしてオーナーに何やら熱心にたずねていたのですが、
10分後、彼女は店を後にしました。

実は彼女はベジタリアンで、各メニューの食材を確認したところ、
残念ながら提供できるものがなかったのです。オーナーいわく、
以前は食材についてたずねてくるのは宗教上の理由が主で、
それもごくわずか。しかし最近は、一般的な習慣としてはもちろん、
嗜好としてもベジタリアンヴィーガンが増えてきているため、
メニューの改善を検討中だとか。

・・・さて、これは外国人観光客が行き交う都心の出来事ではありません。
観光名所もない、宿泊施設もない、商業施設もない、
埼玉県のとある小さな町での出来事です。

このことから分かるのは、外国人観光客の訪日目的が多様化し、
ローカルな場所にも着々と足を運ぶようになってきたということ。
そして多様化する外国人の“食”の習慣について、いかに理解し
迅速に対応していくかが大事なのだと実感しました。

(急増必至のベジタリアン対応について、プロから実践形式で
学んでみませんか↓)
http://www.yamatogokoro-ac.jp/support/food201607/