【やまとごころアカデミー通信 vol.38】 募集開始!第45回やまとごころ勉強会:LGBTフレンドリーでインバウンドマーケットをより活性化!

やまとごころ教育・研修担当の丸谷です。
今週も、各種セミナー情報をお届け致します!

【第45回やまとごころ勉強会】
LGBTフレンドリーでインバウンドマーケットをより活性化!
 ~多様性を認め合い、共に成長する~

日本でも話題となることが多くなったLGBT
LGBTとは、L(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシュアル)、
T(トランスジェンダー)の頭字語。順に、女性同性愛者、
男性同性愛者、両性愛者、生まれたときに法律的/社会的に
割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人のことを言うそうです。
(出典:NHK福祉ポータル ハートネット)

電通が昨年4月に実施した調査によると、LGBTを自認する人は
全体の7.6%にあたり、これはなんと、左利き・AB型の人が日本人に
占める割合(13人に1人)とほぼ同じなのだそうです。

LGBTはもやは世界共通語になっており、欧米諸国では既にマーケットとして
認知されていて、大手企業はLGBTに特化したプロモーションなどを展開しています。
人間同士、多様性を認め合える社会を創りあげるなかで、一緒にマーケットを
盛り上げていきましょう!という前向きな姿勢は、見習いたいものですね。

世界中でLGBTに対する理解・対応が進むなか、日本においてもLGBTに寄り添う
姿勢の重要性は認識され始めており、インバウンドの分野においても無視
できないテーマといえます。インバウンドが盛り上がっている今、多様な
人種や文化を尊重する日本を世界に向けて発信していくチャンスです。

今回の勉強会を機に、日本のLGBTの現状を把握し、さらにはLGBT
インバウンド施策について考えてみませんか?
↓ 詳細・お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160426/

-----------------------------------------------------
【第9期インバウンドビジネス基礎講座】
~成長する訪日旅行市場を理解し、
 的確にビジネスチャンスに取り組むために~ 

2016年4月19日(火)~4月20日(水)、やまとごころX東京観光財団共催
「第9期インバウンドビジネス基礎講座」を開催します!
↓ 昨日より、募集を開始致しました!
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160419/

毎回大好評を頂いておりますこちらの講座では、たった2日間で
集中的に広く深くインバウンドを学ぶことができます。
今回は、飲食・ハラル・販売/接客・マーケティング・地方創生・
プロモーション・webメディア戦略の業界最前線で活躍されている
講師陣が登壇致します!これだけ幅広い講師陣から直接
インバウンドの話を聞ける機会はめったにないかと思います。
この貴重な機会をお見逃しなく!過去、基礎講座を受講された方には、
リピート割(半額)をご用意しておりますので、ぜひインバウンド
「今」を学びにいらしてください!

↓ プログラム・講師陣をぜひご確認ください!
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160419/

========================================
~ 今号のコンテンツ ~
========================================

1.【テーマはLGBT】第45回やまとごころ勉強会
2.【今なら早割適用!】第9期インバウンドビジネス基礎講座
3.【まずはここから】4月7日に入門セミナーを開催します!
4.【MPI Japan & DMO六本木共同企画】
   インバウンドビジネスは全ての産業にチャンスがある
5.【東北インバウンドサミット】
     オール東北で世界に発信するはじめの一歩
6. 貴社スタッフの社内インバウンド研修をサポートします!
7. 編集後記

========================================
1.【テーマはLGBT
  <第45回やまとごころ勉強会>
========================================

ここ数年で日本でも話題となり始めたLGBT
インバウンドにおいても、LGBT向けのおもてなしにきちんと
取り組む「LGBTインバウンド」が本格的に動きだしています。

4月の勉強会には、訪日LGBT向けメディア「OUT JAPN」の
運営や企業・団体のLGBT施策コンサルティングを手掛けている
株式会社アウト・ジャパン 取締役 小泉伸太郎氏をお招きします。
LGBTの基礎知識から先進的な取組み事例まで解説のうえ、
LGBTインバウンド誘致の課題や展望についてもお話し頂きます。

【第45回やまとごころ勉強会】
LGBTフレンドリーでインバウンドマーケットをより活性化!
 ~多様性を認め合い、共に成長する~

日時:2016年4月26日(火) 15:00-17:30 (開場 14:45)/交流会 18:00-19:30
※交流会のみのご参加も承ります

会場:新宿三丁目貸会議室
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-10 T&T ビル 4F

↓詳細・お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160426/

========================================
2.【今なら早割適用!】
  <第9期インバウンドビジネス基礎講座>
========================================

毎回大好評を頂いておりますこちらの講座では、たった2日間で
集中的に広く深くインバウンドを学ぶことができます。
各業界でご活躍されている方々を講師としてお招きし、
飲食・ハラル・販売/接客・マーケティング、他、
幅広い分野の最新情報や、明日から使える事例を多数ご紹介します!

注目の講師陣はこちら!
インバウンドの全体像: (株)やまとごころ 代表取締役 村山慶
・宿泊: 行燈旅館 代表取締役 石井敏子氏
・飲食: (株)インテージ代表取締役 片岡究氏
・ハラル: 非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会 佐久間朋宏氏
・販売/接客: レジャーサービス研究所 所長 斉藤茂一
・地方創生: 観光カリスマ・内閣府官房地域活性化伝道師・JTIC SWISS
 代表取締役 山田 桂一郎氏
・プロモーション: ぴあ(株) インバウンド事業開発室 室長 宮崎裕二氏
・webメディア戦略: Booking.com 日本地区統括
  リージョナル・マネージャー 勝瀬博則氏
※他にも、各分野の第一線でご活躍されている方々を講師としてお招きします!

日時: 2016年4月19日(火)~20日(水)の2日間

会場: 公益財団法人 東京観光財団(TCVB)セミナールーム
〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル

受講費: 2日間 お一人様 通常価格50,000円(資料代/交流会費込・税込)
     ☆3月31日(木)までのお申込みで早割適用価格45,000円
 
↓詳細・お申込みはこちら ☆早割適用は3/31まで
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160419/


========================================
3.【まずはここから】
  <第22回 インバウンドビジネス入門セミナー>
========================================

インバウンドにこれから取り組みたい、あるいは、
取り組み始めたばかりの方を対象に、
2時間でインバウンドビジネスの全体像を掴んで頂きます。

本年より、弊社コンサルタントの岡田美奈子が講師を務めております。
20名前後の少数限定で行い、参加者同士・講師とのディスカッション・
ワークショップの機会を設け、実践的なセミナーと致します。
皆様のインバウンドビジネスのスタートを全力でサポート致します!

◎第22回インバウンドビジネス入門セミナー
日時:4月7日(木)18:00-20:00

会場:Totsuko貸会議室
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-9-22 SVAX新宿A館 2F

☆4/7入門セミナーご参加の方限定「新年度インバウンドビジネス応援特典」と
  して、弊社代表村山の新刊(2016/3/2発売)をプレゼント致します!

↓ 詳細・お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/inboundbasic/

========================================
4.【MPI Japan & DMO六本木共同企画】
  <インバウンドビジネスは全ての産業にチャンスがある>
========================================

2020年の東京オリンピックパラリンピック開催に先立ち、
訪日外国人客数は2000万人を超え、更に増える傾向にあります。
訪日外国人はどこに来て、何をしているのでしょうか。
その傾向は変わりつつあるのではないでしょうか。
インバウンドビジネスの全体像を俯瞰して解説するとともに、
実際に関わる街や団体、企業、個人の方々がどの様な課題を持ち、
解決しているのか。インバウンド戦略アドバイザーである
弊社代表の村山より、実例を踏まえながインバウンドビジネスが
もたらすビジネスチャンスについてお話し致します。

日時:2016年3月28日(月)18:30-20:00

会場: 
六本木ヒルズ 森タワー49階 六本木アカデミーヒルズ

プログラム:
18:30 - 18:40  
DMO六本木、MPI Japan Chapterの紹介

18:40 - 19:40 
セミナー「インバウンドビジネスは全ての産業にチャンスがある」(仮)
弊社 代表取締役 インバウンドビジネスコンサルタント 村山慶

19:40 - 20:00 
対談 
株式会社やまとごころ 代表取締役 村山慶
MPI Japan Chapter 会長 山本牧

20:00 - 20:30 Connection 
※簡単なお飲物をご用意しております。

詳細・お申込みはこちら↓
http://www.yamatogokoro.jp/event/2016/03/28230310.html

========================================
5.【東北インバウンドサミット】
  <オール東北で世界に発信するはじめの一歩>
========================================

東北は、雄大な自然と四季折々の美しさ、三陸海岸、豊富な海の幸、
様々な泉質の温泉など、外国人観光客を確実に魅了できる、
数多(あまた)の「宝」に溢れています。しかし、残念ながら
それらはまだ訪日観光客に発見されずにいます。

東北という宝箱を世界に向かって開きたい!
そんな思いからこの「東北インバウンドサミット」は企画されました。
基調講演のほか、パネルトークのモデレーターとしても、弊社代表の村山が登壇いたします!

日時:2016年3月27日(日)13時~17時
 
会場:仙台商工会議所 

プログラム:
第一部 基調講演 
①「東北のインバウンドの可能性と現状把握」  
  飛田章 東北運輸局観光部長
②「セカンドディステネーションとしての東北インバウンドの打ち手」
  村山慶輔 株式会社やまとごころ 代表取締役

第二部 東北6県パネルトーク 
「オール東北でインバウンドを促進するために必要なこと」
【青森】西谷雷佐 たびすけ合同会社西谷 代表
    木村聡 八戸広域観光推進協議会 観光コーディネーター
【秋田】須崎裕 トラベルデザイン株式会社 代表取締役社長
【岩手】大坊千文 株式会社クレセント 代表取締役
【宮城】後藤光正 アトラク東北株式会社 代表取締役
【山形】中原浩子 東北公益文科大学 特任講師
【福島】小山徹 ホテルグランデコ 支配人
★モデレーター 村山慶輔 株式会社やまとごころ 代表取締役

第三部 交流会 

※プログラムが一部変更になる場合もございます。
 あらかじめご了承ください。

詳細・お申込みはこちら↓
http://www.yamatogokoro.jp/event/2016/03/18121138.html

========================================
6.貴社スタッフの社内インバウンド研修をサポートします!
========================================

セミナーを開催していて、最近よく耳にするのが、
「社内でインバウンドセミナーを実施したい」という企業様の声です。
一般のセミナーだと、一企業のニーズや課題を
すべて取り上げて解決するのは難しいのが現状です。
やまとごころでは、企業様のインバウンドにおける
ニーズをヒアリングさせて頂いた上で、
インバウンドセミナーの企画・コーディネートし、
その道筋や解決するためのプログラムをご紹介させて頂きます。
もちろん、弊社のセミナーなどでご登壇頂いた講師を派遣し、
お話頂く、講師派遣も可能です。

↓講師派遣についての詳細はこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/haken.html

プロモーションから受け入れ態勢、語学など、テーマは施設や
企業ごとにことなりますが、それぞれの目的やご要望に合わせて、
最適なセミナーをご提案させて頂きました。

<オススメ!自社インバウンドセミナーのテーマ>

①もっと売上アップしたい小売店の皆さまへ
・中国人観光客にもっと売るおもてなしセミナー

②外国人観光客が急増してきた小売、宿泊、飲食、交通関連事業者様へ
・各国の特徴を把握する!インバウンドおもてなしセミナー

インバウンドのソリューション・広告を販売する企業の皆さまへ
・小売、宿泊、飲食、自治体へのインバウンドソリューションを
 提案改善ポイントとは?留意点は?

④苦手意識も克服!目からウロコ!明日から使える接客英語
・今からでも間に合う、接客英語研修
・<監督者向け>現場の苦手意識を取り除く英語研修

上記以外のテーマもお気軽にご相談ください。
ニーズをヒアリングさせて頂いた上で、
最適な講師陣を選定の上、セミナーを実施させて頂きます。

上記やそれ以外の自社セミナー開催のご相談はこちらまで。
やまとごころアカデミー担当 丸谷・立川・森安
seminar@yamatogokoro.jp

========================================
7.編集後記
========================================

アカデミーチームの森安です。

昨日、私の住むマンションの回覧板で、「使用細則改定案」と
いうものが掲載されていました。そこには、新しい禁止事項が・・・
「専有部分を商業目的でシェアハウスまたは民泊として使用すること」

最近、民泊の話題はよく耳にしますが、あまり身近に感じたことは
なかったので、ハッとしました。「もし、お隣りが民泊施設と
なったら・・・」と考えても騒音・衛生問題・治安悪化など、
様々なトラブルばかり浮かんできてしまいます。
実際、そういうニュースをよく見ますよね。
正直、現段階では一住民としてwelcomeとは言えません。

しかし、行政や自治体のルールづくりも進んでいますし、ポジティブな
可能性がとても大きいことも忘れてはいけませんね。
(↑自分に言い聞かせています 笑)
宿泊施設の不足や空き家・空き部屋の解消、地方創生の一翼を担う
ことまでも期待されていますよね。

Airbnbは「地元の家で暮らすように旅をしよう」をコンセプトに
ホストと旅行客のマッチングを行っており、旅行者が商店街に
行って買い出しをしたり、ホストから地元でオススメの店を紹介して
もらったり、地元の人のように暮らすような旅を提案されています。

実際、私も学生の時は民泊で楽しい経験をたくさんさせて頂きました。
観光地を巡ったことよりも、誰に教えてもらったこの店が
すごく良かった!という思い出がたくさんよみがえってきます。

日本では、民泊はどうしたらもっと定着するのか。海外には先進事例が
たくさんあるので、今後もっと勉強していこうと思います!