読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【やまとごころアカデミー通信 vol.37】 開催決定!第45回やまとごころ勉強会:テーマは、今注目すべき LGBT

やまとごころ教育・研修担当の丸谷です。
今週も、各種セミナー情報をお届け致します!

第45回やまとごころ勉強会
LGBTインバウンド市場を掘り起こす!
LGBT施策の課題と展望

最近何かと耳にする機会が増えた「LGBT」。
詳しくは分からなくとも、気になる・もっと知りたいと
お考えの方は多いのではないでしょうか。
日本政府観光局英語版では、LGBT向けの観光情報ページで
ホテルなどを紹介していたり、地域によってはLGBT支援事業を行うなど、
ここ2~3年で、LGBTを意識した商品やサービスの開発が加速しています。
LGBTのことをビジネスの新しい切り口と捉えることに違和感を覚えなくもないですが、
社会性のあるメッセージを発信するだけではなく、マーケットを構築・活性化すれば、
結果的にLGBTの社会的立場は確立され、多様な人種や文化を尊重する日本を
世界に向けて発信していくチャンスになるになるはず!と考え、
今回の勉強会を企画致しました!

今回の勉強会を機に、LGBTインバウンド施策について考えてみませんか?
↓ 詳細・お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160426/

-----------------------------------------------------
第9期インバウンドビジネス基礎講座
~成長する訪日旅行市場を理解し、
 的確にビジネスチャンスに取り組むために~ 

2016年4月19日(火)~4月20日(水)、やまとごころX東京観光財団共催
「第9期インバウンドビジネス基礎講座」を開催します!
↓ 昨日より、募集を開始致しました!
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160419/

毎回大好評を頂いておりますこちらの講座では、たった2日間で
集中的に広く深くインバウンドを学ぶことができます。
今回は、飲食・ハラル・販売/接客・マーケティング・地方創生・
プロモーション・webメディア戦略の業界最前線で活躍されている
講師陣が登壇致します!これだけ幅広い講師陣から直接
インバウンドの話を聞ける機会はめったにないかと思います。
この貴重な機会をお見逃しなく!過去、基礎講座を受講された方には、
リピート割(半額)をご用意しておりますので、ぜひインバウンド
「今」を学びにいらしてください!

↓ プログラム・講師陣をぜひご確認ください!
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160419/


========================================
~ 今号のコンテンツ ~
========================================

1.【テーマはLGBT】第45回やまとごころ勉強会
2.【今なら早割適用!】第9期インバウンドビジネス基礎講座
3.【まずはここから】4月7日に入門セミナーを開催します!
4.【大阪で開催!】泉佐野インバウンドビジネスセミナー
5. 貴社スタッフの社内インバウンド研修をサポートします!
6. 編集後記


========================================
1.【テーマはLGBT
  <第45回やまとごころ勉強会>
========================================

ここ数年で日本でも話題となり始めたLGBT。企業においては、
LGBTに寄り添うことで新市場を開拓できることから、
人材・消費者としてLGBTを取り込むための施策が
広がりを見せています。インバウンドにおいても、
LGBT向けのおもてなしにきちんと取り組む
LGBTインバウンド」が本格的に動きだしています。

4月の勉強会には、訪日LGBT向けメディア「OUT JAPN」の
運営や企業・団体のLGBT施策コンサルティングを手掛けている
株式会社アウト・ジャパン 取締役 小泉伸太郎氏をお招きします。
LGBTの基礎知識から先進的な取組み事例まで解説のうえ、
LGBTインバウンド誘致の課題や展望についてもお話し頂きます。

<第45回やまとごころ勉強会>
LGBTインバウンド市場を掘り起こす!LGBT施策の課題と展望

日時:2016年4月26日(火) 15:00-17:30 (開場 14:45)/交流会 18:00-19:30
※交流会のみのご参加も承ります
会場:新宿駅周辺
受講料:勉強会 5,000円(税込)/交流会 4,000円(税込)

↓詳細・お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160426/


========================================
2.【今なら早割適用!】
  <第9期インバウンドビジネス基礎講座>
========================================

毎回大好評を頂いておりますこちらの講座では、たった2日間で
集中的に広く深くインバウンドを学ぶことができます。
各業界でご活躍されている方々を講師としてお招きし、
飲食・ハラル・販売/接客・マーケティング、他、
幅広い分野の最新情報や、明日から使える事例を多数ご紹介します!

注目の講師陣はこちら!
インバウンドの全体像: (株)やまとごころ 代表取締役 村山慶
・宿泊: 行燈旅館 代表取締役 石井敏子氏
・飲食: (株)インテージ代表取締役 片岡究氏
・ハラル: 非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会 佐久間朋宏氏
・販売/接客: レジャーサービス研究所 所長 斉藤茂一
・地方創生: 観光カリスマ・内閣府官房地域活性化伝道師・JTIC SWISS
 代表取締役 山田 桂一郎氏
・プロモーション: ぴあ(株) インバウンド事業開発室 室長 宮崎裕二氏
・webメディア戦略: Booking.com 日本地区統括
  リージョナル・マネージャー 勝瀬博則氏
※他にも、各分野の第一線でご活躍されている方々を講師としてお招きします!

日時: 2016年4月19日(火)~20日(水)の2日間
募集: 30名
会場: 公益財団法人 東京観光財団(TCVB)セミナールーム
受講費: 2日間 お一人様 通常価格50,000円(資料代/交流会費込・税込)
     ☆3月31日(木)までのお申込みで早割適用価格45,000円
 
↓詳細・お申込みはこちら ☆早割適用は3/31まで
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160419/


========================================
3.【まずはここから】
  <第22回 インバウンドビジネス入門セミナー>
========================================

インバウンドにこれから取り組みたい、あるいは、
取り組み始めたばかりの方を対象に、
2時間でインバウンドビジネスの全体像を掴んで頂きます。

本年より、弊社コンサルタントの岡田美奈子が講師を務めております。
20名前後の少数限定で行い、参加者同士・講師とのディスカッション・
ワークショップの機会を設け、実践的なセミナーと致します。
皆様のインバウンドビジネスのスタートを全力でサポート致します!

◎第22回インバウンドビジネス入門セミナー
日時:4月7日(木)18:00-20:00
会場:Totsuko貸会議室
東京都新宿区新宿2-9-22 SVAX新宿A館 2F

☆参加者全員に、2016/3/2より発売の弊社代表村山の新刊図書
インバウンドビジネス入門講座 第2版 訪日外国人観光攻略ガイド」を
プレゼントします!

↓ 詳細・お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/inboundbasic/


========================================
 4.【大阪で開催!】
  <泉佐野インバウンドビジネスセミナー>
========================================

インバウンド(訪日外国人観光客)が年々増加するなか、
泉佐野市の外国人宿泊者数は、67 万8 千人と
東京・大阪・京都などの大都市に続き、
外国人宿泊者数が日本人宿泊者数を超過しました。
インバウンドビジネスが地域経済の活性化にとって重要な意味を持っています。

来週3月16日(水)には、 弊社代表の村山も一部登壇させて頂きます!
お近くの方は、是非、足をお運びください!

※第1回・第2回を受講していない方も、第3回にご参加可能です。

-----------------------------------------
【第1回】 3月2日(水) 13:30~16:00<終了>

インバウンド(訪日外国人観光)ビジネスを知ろう
~ショッピングツーリズムの街形成と、地元店主との連携~」
講師:株式会社USPジャパン代表取締役社長、
一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会専務理事 新津研一氏

【第2回】  3月9日(水) 13:30~16:00<終了>
第1部「外国人観光客を理解しよう・受け入れの準備を整えよう」
講師:株式会社USPジャパン、
一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会 
おもてなし事業者支援部 部長 神郡 慶子氏

第2部「初めてのハラル」
講師:株式会社ツーリストエキスパーツ西日本営業部 瀬川夫佐子氏

【第3回】  3月16日(水) 13:30~16:00
第1部 「外国人観光客を集客しよう
~他地域でのインバウンドビジネスの取り組み事例~」
株式会社やまとごころ代表取締役 村山慶輔氏

第2部 「インバウンド受け入れマニュアルの活用について」
講師:株式会社ツーリストエキスパーツ西日本営業部 諏訪芳美氏

↓ 詳細はこちら
http://www.yamatogokoro.jp/event/2016/03/16105409.html


========================================
5.貴社スタッフの社内インバウンド研修をサポートします!
========================================

セミナーを開催していて、最近よく耳にするのが、
「社内でインバウンドセミナーを実施したい」という企業様の声です。
一般のセミナーだと、一企業のニーズや課題を
すべて取り上げて解決するのは難しいのが現状です。
やまとごころでは、企業様のインバウンドにおける
ニーズをヒアリングさせて頂いた上で、
インバウンドセミナーの企画・コーディネートし、
その道筋や解決するためのプログラムをご紹介させて頂きます。
もちろん、弊社のセミナーなどでご登壇頂いた講師を派遣し、
お話頂く、講師派遣も可能です。

↓講師派遣についての詳細はこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/haken.html

プロモーションから受け入れ態勢、語学など、テーマは施設や
企業ごとにことなりますが、それぞれの目的やご要望に合わせて、
最適なセミナーをご提案させて頂きました。

<オススメ!自社インバウンドセミナーのテーマ>

①もっと売上アップしたい小売店の皆さまへ
・中国人観光客にもっと売るおもてなしセミナー

②外国人観光客が急増してきた小売、宿泊、飲食、交通関連事業者様へ
・各国の特徴を把握する!インバウンドおもてなしセミナー

インバウンドのソリューション・広告を販売する企業の皆さまへ
・小売、宿泊、飲食、自治体へのインバウンドソリューションを
 提案改善ポイントとは?留意点は?

④苦手意識も克服!目からウロコ!明日から使える接客英語
・今からでも間に合う、接客英語研修
・<監督者向け>現場の苦手意識を取り除く英語研修

上記以外のテーマもお気軽にご相談ください。
ニーズをヒアリングさせて頂いた上で、
最適な講師陣を選定の上、セミナーを実施させて頂きます。

上記やそれ以外の自社セミナー開催のご相談はこちらまで。
やまとごころアカデミー担当 丸谷・立川・森安
seminar@yamatogokoro.jp


========================================
6.編集後記
========================================

こんにちは。
アカデミーチームの立川です。

明日3月11日で東日本大震災から5年が経ちます。
私は、都内にある当時勤めていた会社内におりましたが、
尋常じゃない揺れにドキドキし、かつ、会社の入っているビル全体の
避難訓練でしかやったことのない、1階の駐車場に集合して・・・という
“非日常”の出来事に動揺したのを覚えています。
その日は、落ち着いてから解散になり歩いて家に帰りました。
電車では10分ほどの距離でしたが、道は人であふれており
なかなかスムーズに歩けず、とても時間がかかり疲労困憊したのを覚えています。

昨日は、観光危機対策の勉強会を開催いたしました。
講師にJTB総合研究所 常務取締役 観光危機管理研究室長の髙松正人氏、
当時東北で実際に震災を経験された台湾出身の南三陸町国際交流協会
理事の佐藤金枝氏をお招きいたしました。

髙松さんのお話で個人的に印象的だったのは、
危機管理をしても明日儲かるものではないので、ついおざなりになりがち
だけれども、ただ防災マニュアルがあるから安心!ではなく、いかに
訓練で体に覚えさせるかが大事とおっしゃっていたことです。
もう一つは、儲からない話ではあるけれども、もし震災にあったとして、
お客様の安全ももちろんのこと、事業の継続、つまりはその後の社員の生活、
観光では様々な業界に波及があるので周辺の方々の生活にもかかわってくることになるので、
TOPの方の判断・防災に関する意識は非常に大事とおっしゃっていたことでした。

確かに、私は東日本大震災の時は数回でしたが避難訓練に参加していたので、
普段は使わない非常階段の場所、どうなっているかなども分かっていたので
混乱せずに済んだ経験を思い出し、その通りだなあと思いました。

またインバウンド関係ではありませんが、とある社長さんは
震災が起こってすぐその日の業務を終了とし、交通が止まることが目に見えていた
ので社員が帰宅困難者になるのを防ぐため全社員分のホテルの部屋をすぐに
押さえ、社員をホテルに移動させたというお話をきいたことがあり、
日本ではまだまだ“個人の直感”よりも会社に従う雰囲気がある中、TOPの判断に
より大きく変わるのだなあと感じたものでした。

そして、佐藤さんのお話で、
例え日本語が喋れる外国人であっても、地震津波という単語はしっていても、
出身国でなじみのないものであったらどんなものなのか想像がつかない。
そして一命をとりとめたとしても、避難所生活の中でコミュニティの中に知り合いが
地元の日本人に比べて少ないので孤立しやすい、というお話は心の痛む思いでした。

観光で来られている方は日本語を話せない方のほうが大勢です。

日常の中において、いつ起こるか起こらないかもわからない危機のことを
常々考え恐怖におびえる必要はまったくないですが、もし危機に直面したときに
まずは自分たちが少しでも冷静に対応できるよう訓練し、かつ外国からのお客様の
不安を少しでもぬぐい、スムーズに対応できるように今一度対策を練ってみるのは
いかがでしょうか。